ニキビが酷くなったので通用の化粧水からニキビ用化粧水を使う

会社で転勤になり、生活環境が変わってからストレスでニキビが口周りを中心に顔中に出来てしまいました。
ただでさえ新しい環境になれるのに精一杯なのに、ニキビが出来てしまってさらに憂鬱でいました。
せめてニキビだけでも治したいと思い、化粧水を通常のものからニキビ用化粧水に変更しました。

ニキビ用化粧水の中でも、私が買ったのは健肌の源という化粧水です。
これは通常の化粧水と違って、一回使いきりではなく、定期購入をしないといけませんでした。
このへんが私にとってはハードルが高かったのですが、実際に契約してみると、もう病みつきになりました。

しっかりと治すには、定期的に使うことが効果があるんだなと実感することができました。
最初使い出してすぐに反応がないので、定期購入じゃなかったらやめていたかもしれません。
でも、我慢して使い続けるとみるみる肌が変わっていくのが実感出来ました。

今まで私は乾燥肌ニキビで潤いが欲しかったので保湿成分が強い化粧水を使っていましたが、今のニキビ肌には油分は天敵です。
その点ニキビ用化粧水は、まずコットンで拭き取りをすると余分な皮脂や汚れをしっかりと落としてくれます。
また薬用なのでニキビの原因となるアクネ菌を殺菌をしてくれるので、ニキビ肌にも安心をして使うことが出来ます。

ただ油分も落としすぎるとただカサカサの肌になってしまうだけなのですが、私が使用したニキビ用化粧水は拭き取りの後にしっかりと肌に馴染ませると肌を整える効果もあるのでニキビ対策のせいでカサカサの肌になるということもありませんでした。

ニキビ用化粧水を1本使い切る頃には、ニキビもとても良くなっていました。
肌の状態も良く、このままニキビが完治すれば綺麗な肌を取り戻せると自信を取り戻せるようにもなりました。
体のニキビにも相性が良く、胸ニキビが治ったのです。

あのままニキビ用化粧水ではなく通常の化粧水を利用していれば、今もニキビに悩まされたままだと思います。
これで大人ニキビを根本から解決することが出来ました。
それくらい通常化粧水とニキビ用化粧水には違いがあるのです。

0 Comments

Add Your Comment: